CHECK

初めて出産する人が知っておきたい!ベビー服の選び方や基礎知識を詳しく解説

初めて出産する場合に、事前に知っておきたいのがベビー服の知識です。基本のベビー服の選び方としては、季節感を重視しながら選ぶことがポイントです。特に夏服・冬服には注意が必要で、赤ちゃんは成長が早いため1年後には着られなくなっている可能性が高いです。季節によっておすすめの素材も変わってくるため、その点にも注意をします。 月齢ごとに選び方が変わります。新生児の時期は体が安定しないため、寝かせて着せられる打ち合わせが向いています。アウターも前開きのものが便利です。

赤ちゃんの成長に合わせたベビー服の選び方

赤ちゃんの成長に合わせたベビー服の選び方には、以下のポイントがあります。 赤ちゃんの成長にあわせて適切なサイズの服を選ぶことが重要です。一般的に、齢に合わせたサイズ表を参考に、少し大きめのサイズを選ぶと良いでしょう。赤ちゃんの身体にフィットするように伸縮性のある素材を選ぶことも大切です。 赤ちゃんの肌はデリケートでアレルギーを起こしやすいため、肌に優しい素材を選ぶことが重要です。特に赤ちゃんが直接触れる部分には、柔らかく通気性の良い素材を選ぶようにしましょう。赤ちゃんが動きやすく、着脱しやすいデザインの服を選ぶことが大切です。ボタンやファスナーの位置も、赤ちゃんが寝返りを打てるように配慮して選ぶことが望ましいです。 赤ちゃんの衣服は、頻繁に洗濯する必要があります。そのため丈夫で洗濯機で洗える素材を選ぶことが望ましいです。赤ちゃんの肌に優しい洗剤を使用することも大切です。以上のポイントに注意しながら、赤ちゃんに合ったベビー服を選ぶことが大切です。

季節の変化に合わせて選びたいベビー服

ベビー服は、季節の変化に合わせて選ぶ事が大切です。赤ん坊は、体温調節が苦手なので気温に合った服装選びをしましょう。しかしベビー服には、色々な種類があり違いが分からない人もいます。例えば赤ん坊の下着にも、短肌着や長肌着、コンビ肌着など数種類あります。それに乳幼児から生後3ヶ月頃まで着る肌着もあるので自分の子どもの年齢や体のサイズに合った下着を慎重に、選ぶ事が重要です。 寒い時期も注意が必要ですが、特に暑い夏の時は熱中症に気をつけましょう。夏は、室内と室外の温度差が激しいです。クーラーがきいた部屋の中で過ごす場合を考えて半そでだけじゃなく、長袖を用意して風邪に備えます。赤ん坊は、汗をかくと体が冷えるので、吸水性や通気性に優れている綿やガーゼ、フライスの素材がおススメです。汗をかいても快適に過ごせるし肌触りも良く、暑い季節にピッタリの素材なのでベビー服を選ぶ時は生地の素材もしっかり確認する事が必要です。そして赤ん坊が、体調を崩さないようなベビー服を慎重に選ぶ事が大切です。

プレオールのベビー服は春夏におすすめ

袖が短く裾もショート気味なプレオールのベビー服は、まさに春夏用に適しているのではないでしょうか。短めで肌が露出する分、汗を掻いてもすぐに乾きますし、蒸れないので痒くなりにくいです。また動きやすさという点でも優れていますから、春夏に限らずおすすめできるベビー服だといえます。特におすすめなのは生後1~2ヶ月の赤ちゃんで、つまり冬や初春に生まれた赤ちゃんに向いています。素材によっては1年中を通して着用できますから、選びやすくて経済的でもあります。夏には肌着のように着られるベビー服なので、本当に便利ですし何着か持っておいて損はないです。春は気温を見ながらベビー服の選択や組み合わせを考える必要がありますが、天気の良い日であればプレオールは最適です。部屋で過ごすなら毎日でも着用できますし、急に冷え込むような日でなければ風邪をひく心配もないです。着脱のしやすさと洗いやすさも優れていますから、総合的に考えてもおすすめ度は非常に高いのではないでしょうか。

通販でベビー服を購入する際にチェックしておくべきこと

ベビー服と一言で言っても色々な種類があります。赤ちゃんも生まれてからたったの一年であっという間に成長し、行動や動きが変わってくるのでベビー服を選ぶ際にはそう言った点もポイントです。特に生まれたばかりの頃はオムツ替えも多いため、通販で選ぶ際には股下にボタンなどが付いているかをチェックしましょう。ボタンが無ければオムツ替えの時に服を丸ごと脱がせなくてはいけません。また赤ちゃんの肌は敏感なので服の素材のチェックも重要です。肌に直接触れる肌着は綿などの自然素材だと肌に優しく安心して着用できます。実際に触って肌触りを確認できないので、素材表示をしっかり確認することが大切です。段々と動き回れるようになってくると、サイズもゆとりのあるものの方が体も動かしやすくなります。あまりぴったりなものだと窮屈だったり体をひねる動きをした時に締め付けられ苦しくなるので注意が必要です。このようにベビー服を通販で選ぶ際は実際に触ったり合わせたりができないので、素材やサイズをしっかり確認しましょう。

ベビー服は何着くらい用意しておけばいい?

初めての赤ちゃんを迎えるお母さんは、わからないことだらけでしょう。
とくに赤ちゃんのことについては、育児書を読んでいる方も、その本によって内容が変わることがあるため迷ってしまう方も多いです。
ベビー服は何着くらい用意したらよいか悩んでいる方は、まず、5着前後ベビー服を用意すれば安心です。
まず、一つ目は「セレモニードレス」です。
このドレスは、退院時や産後一か月くらいに訪れるお宮参りできることが多い服となります。
お宮参りではとくに、真っ白なドレスを着飾ってお参りや撮影される方がほとんどです。
そして、自宅で過ごす普段着が2着です。
これは季節によって多少違ってきます。
夏場は汗をかくことが多いため肌着で過ごすことが多いですのでベビー服自体を着させない方もいます。
あとは、お出かけ用に2着ほどあれば十分です。
これも季節で違ってきます。
例えば、冬場は上着や帽子、靴下も必要になってきます。
赤ちゃんはそれぞれ、敏感肌や乾燥肌の子もいるため、赤ちゃんが生まれてからその子に合った洋服を準備するのも遅くはありません。

出産予定に合わせたベビー服の揃え方

生まれてくる赤ちゃんが楽しみで、「あれも買ってあげたい」「これも買ってあげたい」と必要以上にいろいろなベビー服を買う方がいますが、残念ながら無駄になってしまう服が多いです。
まず、出産予定日に合わせて、その季節に適切な服を揃えることを意識しましょう。
また、早くから購入し始めるのは、あまりお勧めできません。
冬に生まれる予定の赤ちゃんに、夏から準備するのは早すぎます。
夏では冬に必要な服を購入するのは難しいです。
どうしても、何かを買いたいという気持ちを抑えることができない場合は、服以外の赤ちゃん用のおもちゃ・ベビーカーなどを先に検討すると良いでしょう。
服でも、赤ちゃんが身に着ける肌着・よだれ掛けなど、季節に関係がないものは早く購入しても支障はありません。
妊婦の方でベビー服を購入するのが早い時期ではないと厳しい場合は、ネットの通販を利用するのがお勧めです。
可愛いベビー服を見ることは妊婦の方にとっても癒しにつながります。

肌触りを重視したベビー服の選び方

赤ちゃんにとってベビー服は快適性を大きく左右するものですから、選び方が重要になってくるのではないでしょうか。
ベビー服選びで重視すべきは肌に対する当たり、優しさといったもので、つまりはゴワゴワせず摩擦が起こりにくいかどうかです。
化学繊維のベビー服は摩擦に強い反面、肌には刺激が強過ぎて赤ちゃんには不快です。
確かに、繰り返しの洗濯に強いというメリットはありますが、着心地として考えるとベビー服には不向きです。
一方、天然繊維は摩擦に弱いものの、肌には優しくて赤ちゃんにも刺激を与えにくいです。
この点を重視しつつデザイン性、着心地の良いものを選んでいけば、赤ちゃんにフィットする1着が見つけられます。
大切なのは素材の違いによるメリットとデメリットを理解すること、何を優先して検討すべきかを念頭に置いて選ぶことです。
いずれにしても写真や商品の説明文だけでは分からないので、実際にお店に足を運んで手で触れて確認するのが良いのではないでしょうか。

伸縮性のあるベビー服がおすすめの理由

ベビー服には様々な種類がありますが、選ぶ際に気をつけたいのがどのような素材が使用されているかという点です。
子供の肌は敏感であらゆる刺激に弱いため、肌に優しい素材や伸縮性のある生地を選ぶ必要があります。
また、通気性がよいかどうかの確認も大切です。
敏感な肌にかゆみが生じるような素材を選んでしまうと、すぐに炎症をおこし自分でも掻きむしるようになってしまうかもしれません。
子供の肌を守るためにも、ベビー服は素材重視で選ぶようにしてください。
伸縮性のチェックは特に大切です。
伸縮しやすい素材のベビー服は、着脱をスムーズに行うことができます。
加えて柔らかい素材が多いため、子供自身も着心地がよく窮屈さや不快感を感じることはないはずです。
着替えを嫌がる子供もいますが、着脱しやすく着心地がよい服を選ぶことで、問題は解決するでしょう。
柔らかい素材のベビー服は、長年使用していると伸びやすいものですが、子供の成長は早いので問題ないと考えられます。

ベビー服選びで大切なのは着心地の良さ

ベビー服を選ぶ際には、様々な要素が重要ですが、特に着心地の良さは大切なポイントです。
自由で快適な状態で過ごすことが大切です。
着心地の良い服を選ぶことで赤ちゃんがストレスを感じることなく自由自在に動けるようになります。
ベビーの肌はとても敏感です。
かぶれやアレルギーなどのトラブルを引き起こすことがあります。
肌にやさしい素材でできた服を選ぶことで、赤ちゃんの肌トラブルを予防できます。
ベビーは何度も着替えをすることがあります。
そのため着替えのしやすさも重要なポイントです。
着替えの時間も短くなり、ベビーにとっても親にとってもストレスを軽減することができます。
成長が早く服のサイズアウトが早いです。
しかししっかりとした縫製や耐久性があるため、長く着用できる場合があります。
それにより長く使えることでコストパフォーマンスが良くなります。
ベビー服を選ぶ際には、赤ちゃんが快適に過ごせるように、素材や縫製などの品質にも注意して選ぶようにしましょう。

Tシャツタイプのベビー服はいつ頃から着せられる?

夏場など暑い時にはTシャツが定番ファッションですが、Tシャツタイプのベビー服はいつ頃から着用させることができるのかという疑問を持つ人も多いです。
一般的にこのタイプのベビー服を着せることが良いのは、首がすわってきた3ヶ月〜5ヶ月ごろからが良いとされています。
前開きタイプのものがあり、コンビ肌着と同じように股下まで合わせることができスナップボタンで留めることが可能です。
寝たまま着せられる上、上下一体となっていることからよく動く赤ちゃんにも最適です。
5ヶ月〜6ヶ月になり、きちんと座れるようになったら前開きタイプは卒業してかぶりタイプのものを着用できるようになります。
頭からかぶって、股下で留められるタイプのものは活発に動いてもはだけない構造となっているので安心して着せられます。
11ヶ月ごろからは様子を見ながらセパレートタイプのものを選ぶことができるようになるため、オシャレなキッズ服などを楽しめお洒落の幅が広がります。

ベビー服のサイズ表示は10cm刻み

意外と知らないベビー服の常識について調べてみたところ、服のサイズを示す表示がベビー服の場合は10㎝刻みであることが分かりました。
大人用だとそこまで細かく表示されていることは滅多にないのですが、赤ちゃんが実際に着るベビー服はどうしても直ぐにサイズ感が合わなくなってしまう可能性があるため、成長して小さくなってしまったとしても直ぐに対処できるように10㎝刻みで表示することを義務付けているのかもしれません。
また、表記を参考にして購入する服を決めていくことができます。
例えば、0歳から6ヶ月の間までなら50や60を選ぶようにすると間違いがないこと、1歳から5歳までなら80から100、6歳より上なら120くらいが妥当だと言われています。
これはあくまでも基準値に過ぎませんが、10㎝単位で刻まれていることで分かりやすく大きさを選択することができるようになっているので、子供の身長や体重をいちいち把握していなくても気軽に購入できるようになっていることは非常に素晴らしいと言えるでしょう。

ベビー服の素材とそれぞれの特性

赤ちゃんの皮膚はその構造が未熟なことから乾燥しやすく、多くの場合これが原因で肌トラブルが発生すると言われます。
また体温が高いため汗を掻きやすく、ベビー服には通気性や保湿性に優れた綿100%の素材がおすすめです。
農薬や化学肥料を使わずに育てられたオーガニックコットンは、普通の綿よりもその費用が高い反面アレルギー持ちのような肌が弱い子どもに使える特徴があります。
この他ガーゼや天竺、フライス、スムースやパイルといった素材もベビー服に適しているとされます。
薄手であるガーゼや天竺は速乾性や通気性が良いですが、前者は伸縮性に乏しい短所があり伸び縮みが欲しい場合はゴム編み生地のフライスが良いでしょう。
2種類のフライスを用いて出来たスムースやタオル地パイルは生地が厚めにできてます。
前者は保湿性が良いので寒い季節に適しており、後者はふんわりとした肌触りで保温性や吸水性に優れており上に重ねて体温調節するアイテムとして利用すると良いでしょう。

天竺素材のベビー服が人気を集める理由

天竺素材は赤ちゃんのベビー服や肌着におすすめで、特に大人用のTシャツ素材でもあることから春夏向けのベビー服でも人気を集めています。
最大の特徴は伸縮性の高さで、他の素材と比較しても横方向の伸縮性に優れており、この特徴が着心地の快適さに繋がっているので、日々の生活の中で必要になるあらゆる動きをスムーズにしたり汗ばむ季節に着用するインナーやカットソー、ベビー服にも快適性をもたらしてくれます。
また、優れた伸縮性は着脱のしやすさにも関係してくるので、赤ちゃんの肌に負担をかけたくないと考えている親御さんにも最適な素材といえます。
さらに天然の天竺素材であれば吸汗や吸湿に優れていて、梅雨や夏場の汗ばむ季節でも柔らかく優しい肌触りを感じることができる点も、暑い時期は天竺素材のベビー服を購入する親御さんが多い理由の一つとなっています。
他にも快適性や耐久性、肌触りや風合いの良さも人気を集めている理由といえます。

季節を問わず使えるフライス素材のベビー服

赤ちゃんのベビー服は季節ごとに取り揃える必要もあり、成長が早い時期はサイズ感も考えなければならないため、どの衣服を選べばいいのか考えものです。
そんな時に便利なのは季節問わず年中使えるフライス素材のベビー服です。
フライス素材とは、ゴム編みの編み方をしたニット生地のことで、伸縮性が高くゴムのように伸びたり縮んだりします。
程よく厚みがあり、吸湿性や通気性にも優れているためオールシーズン活用できるのが特徴です。
特に肌触りが良いため、赤ちゃんなどのベビー服では定番素材として扱われています。
デリケートな赤ちゃんの肌にも優しく、伸縮性に優れているため成長期の身体の大きさに合わせて程よくフィットし、活動的な赤ちゃんの動きを制限することなく着替えさせやすいのも嬉しいポイントです。
ベビー服を買い揃えるのに悩んでいる方は、赤ちゃんに優しいシーズン通して長く使うことができるフライス素材の衣服を選ぶことで、衣類にかかる費用を抑えたりすることができます。

ベビー服 通販に関する情報サイト
ベビー服の選び方とは

出産前に知っておきたいのが、ベビー服の知識です。選び方の基本として知っておきたいのが、季節感を重視しながら選ぶという点です。夏服・冬服には特に注意が必要で、赤ちゃんは成長が早いため1年後には着られなくなっています。季節ごとに向いている素材も異なるため、その点にも注意して選びます。 また、月齢ごとに選び方は変わってきます。新生児は体が安定しないため、寝かせながら着せられる打ち合わせタイプの服が便利です。

Search